興信所と探偵事務所の違う所

興信所と探偵事務所の違う所をきかれた場合、格別違うところが無いと言っても言い過ぎではありません。浮気リサーチから身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような類似したシゴトをしています。とはいっても、違いをあげるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。離婚も辞さないつもりで、沢山の慰謝料を取ってやりたいと思うなら、不貞現場に乗り込んじゃってもかまいません。

 

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。信用している人を連れて行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信じて頼れるような人がいないなら、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。探偵の尾行代がいくら位かと言うと、リサーチ員の数によっても変わりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。言うまでもありませんが、リサーチ員が1人であれば安く、多ければ多いほど高くなるでしょう。そして、尾行時に車やバイクで移動すると、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認したほうが良いでしょう。浮気調査の依頼をするときには、リサーチにはどれだけの人数が必要なのかというと、リサーチによって一定とは限りませんが、リサーチに行くのは2人程度なんだそうです。ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、不貞をしているかの確認をリサーチ員1人でおこなう場合が多いです。

 

不貞をしている証拠をつかんだら、再度考えて調査の方法や人数などを決定します。浮気リサーチを実行する前に確認せねばならない事があります。それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主にリサーチ続行の意思を確認することとなるでしょう。残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次にすべ聴ことは、浮気相手の特定です。主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視をつづけ、浮気相手の姿・年齢・氏名などを押さえるのです。自ら動くより、不貞リサーチは探偵に頼みましょう。経験豊富な探偵に依頼したら、確実に不貞の裏付をつかんでくれます。自分で手を尽くして調べてみても、配偶者が不貞をしているという事実はすぐに出てきます。だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)での離婚はできないでしょう。

 

そのために、確実な裏付というものが必要になるでしょう。行動をメモしておくことで不貞の決定的な証拠をつかむこともあります。大抵、人の日々の動き方にはパターンが定まってくるものです。にもか替らず、浮気をしてしまっていると、行動のパターンが変わります。その曜日や時間帯に着目し、特定することができたら、行動をしっかりと観察すると、不貞の証明ができる可能性が上がります。日常生活の中で、相手の行動を目を配っておくのは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を押さえるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方がミスありません。

 

それに、探偵にお願いすれば、不貞の裏付を蒐集してもらうだけにとどまらず、状況に応じたアドバイスももらうことができるでしょう。洋服の好みが変化してきたら、怪しいです。浮気相手の趣味に合わせたものであったり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選択するようになってきたら、相当に危ない予兆です。服の中でも、きれいな下着をはくようになってきたら、浮気の可能性があります。あなたのパートナーが不貞を犯したら、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

 

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を請求することができません。慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、何歳であるか、何年結婚(最近は婚期が遅くなっている傾向にあります。昔は女性は24歳を過ぎると・・・なんていいましたよね。)しているかなど各種の事を鑑みて裁判官の決定を待つことになるでしょう。