浮気リサーチで自分のご主人や奥さんの浮気が発見

浮気リサーチで自分のご主人や奥さんの浮気が発見された時、結婚生活を維持するかどうか迷って決められないですよね。まずは落ち着いて、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、あれこれ考えを巡らせておくべきです。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。不貞リサーチに対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。実費は交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査の際の食費が上乗せされることもあるみたいです。また、時間給は調査員の人数×リサーチ時間で、算出した費用です。リサーチにかかる期間が短くて済めば請求額も少額となります。飲食店などの領収証のけい載には飲食時の人の数がけい載されている可能性があるので、不貞と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。さらに、クレジットカード使用時の支出については月々チェックするようにします。

 

出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、一人ではなく誰かといたと推測される場合があるでしょう。GPSが繋がるものを使って、良く行く場所を調べて、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、パートナーが現れるはずですから、その実態を掌握することは可能です。リサーチ依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、端末などで調べるのも、ひとつの方法ではあります。その機械を付けている事が知られてしまう恐れもあります。浮気の裏付を探偵による浮気調査で得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。特にお子さんがいらっしゃる場合、旦那、妻の不貞が発覚したからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。

 

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、ヤクソクをしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様で簡単にしごとと両立することはできないでしょう。浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に不貞リサーチを依頼するのが最も確実でしょう。とはいえ、探偵へのリサーチ依頼はすごくなお値段なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵へ不貞リサーチを頼んだら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所によってそれぞれ価格はそれぞれ異なるので、リサーチを依頼する前に見積もりを頼むべきです。浮気の形跡がSNSを介して発覚することもあります。SNSは名前を伏せて利用している事もあるので相手も思いがけずに、プライベートを事細かに書いてしまう事が珍しいことではないのです。場合によっては、浮気を裏付けるようなけい載をインターネットにアップしてしまう事もあるのです。

 

相手のアカウントをしることができるなら検索してみて下さい。不貞のリサーチを探偵に任せ、疑いようもない明りょうな証拠が手に入れば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできるでしょう。心から信用のできない人間と一生を一緒にするのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。また、パートナーの不倫相手に慰謝料を請求したならば確実に別れさせることもできるはずです。不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度と言う事もありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できるでしょうが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

 

さらに、不倫相手の方が不貞を認めない際は裏付が必要になります。第三者からみてもはっきりとした不倫の裏付が不可欠です。実際に浮気リサーチにかかる期間はどれぐらいなのかというと、多くの場合は3~4日間です。しかしこれはあくまでも平均の期間です。不貞の証拠を中々のこさないタイプのパートナーだと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあることも覚悟してちょーだい。それとは逆に、この日は浮気しそうだという日がもう分かっているなら、調査期間は1日で済むこともあります。